平本歯科医院の特徴

治療においては健康保険が適応されます。

健康保険適応外の高価な材料を希望した場合や、審美治療、インプラントにおいては事前に費用についてご説明致します。保険適応外の治療関しては、被せもの・インプラントであればお口の中に入り患者様に納得していただいた時点で代金を頂くようにしています。

健康保険対応

当院では、お口に直接触れる器材は、すべて滅菌・消毒しております。

高圧蒸気滅菌器を用いてハンドピース(虫歯を削る機械)を患者様ごとに交換・滅菌を行っております。

厚生労働省認定の院内感染対策施設基準をみたしており、院長は感染症対策等の院内感染防止対策に係る研修を修了しております。

衛生管理の徹底

当院では体内に麻酔液が注入されるときの圧力をコンピューターによってコントロールし、麻酔時の痛みの軽減に努めています。
​※適応外もあります。

​できる限り痛くない電動麻酔

歯がしみるとことは、何か歯に異常が起こっていることのサインです。原因は虫歯だけでなく、知覚過敏症という歯茎が下がったり、歯が削れたりすることによる場合も多いです。知覚過敏症は初めのうちは、たまにしみる症状が出るのですが、進行すると常時、痛みが出るようになります。初期であれば歯を削らずにお薬の塗布や、生活習慣の改善で良くなる場合が多いです。いづれにせよ早めの受診をお勧めします。
 

​歯がしみる

合わない入れ歯を使い続けることは、残っている歯や顎に悪影響を与えることになります。痛い入れ歯に慣れることはありません。保険の入れ歯であっても、咬むと痛い・すぐ外れるということはないように作製・調整しております。他院にて作製した入れ歯であっても一度拝見させていただければと思います。

​入れ歯が合わない

詰め物・被せ物などが外れてしまった場合は、持ってきていただけると助かります。

​外れた原因が接着剤の劣化であれば付け直しをすることができます。残っている歯に虫歯ができてしまって外れてしまった場合は、虫歯を取って作り直しをすることになります。その際に、暫定的につける仮歯を作る参考になります。​外れてしまったのが、目立たない奥歯で痛くないとしても、外れた状態を放置しておくとそこから虫歯ができやすいです。早めの受診をお勧め致します。

​被せものが取れた・違和感

歯科医師の免許を持たない助手に医療行為をさせたとして逮捕される歯科医師が相次いでおります。当院では治療行為は歯科医師が行い、歯科衛生士が口腔清掃、スケーリング(除石)を行います。無資格者(歯科助手)が医療行為を行うことはございません。

​当院では専門性を発揮するため、口腔清掃、スケーリング(除石)以外の治療行為は一貫して歯科医師が行っております。

​無資格者の医療行為ゼロ